財務状況を改善するらめの対応策が不明確、財務諸表の読み方が分からない、こういったお悩みをお持ちの方は、1人で悩まずにやすだ会計事務所までご相談ください。

サービス内容

財務分析とは、財務諸表(会社の経営成績を表す損益計算書、
財政状態を表す貸借対照表、現金預金を表す
キャッシュ・フロー計算書等)を分析することによって、
現状を把握し、企業の状況を分析することをいいます。
経営分析とは、企業の資源であるヒト、モノ、カネ、情報を
投入し生み出された結果を分析することを言います。

月次決算の目的・必要性

  • 現状の把握

    現状が計数的に把握でき、年間の利益計画の進捗度、達成度を測ることが可能となります。

  • 予算管理

    予算と実績の差異を分析することで、課題の発見が可能となります。労働分配率の上昇、原価率の上昇など、毎月管理をしていれば改善策を講じることが出来ます。年に1度のみの決算だけでは、発見が遅れてしまい大変なダメージになることが考えられます。

  • 節税対策

    毎月の決算を行うことで、決算着地を予測することが可能になります。節税対策をするには、予算把握が必要不可欠です。決算後では限られた節税対策しかなく、大幅な利益圧縮は図れません。早めの対節税策をすることで、資金的な圧迫が少なく、計画的な着地が可能となります。

  • 資金対策

    予算管理をすることで、資金計画が立てやすくなります。いつ、どの程度の資金が必要かを早めに把握することで、金融機関との交渉を早めに行うことができ交渉が有利に運べます。

財務分析サポートでは、様々な計算書類を利用しながら、企業の財務状態を一緒に確認をいたします。
数字に対して苦手意識を持つ経営者様は、試算表だけでは理解が難しいため、様々財務情報の数字をグラフなど図式化することで視覚的に財務情報を確認でき、より理解しやすくなります。
過去のデータと現在を比較することで、財務状況の変化を把握でき、問題点を見つけやすくします。
月次の推移データを用いる事で、毎月、目標の数字に達成しているか否かを把握できるようになります。また、流動比率、当座比率、固定比率、固定長期適合率、粗利益率、営業利益率、経常利益率を月次推移で表示し安全性や企業業績を確認します。

売上、変動費、固定費等を分析し、損益分岐点や目標売上高を把握をします。
また、全体の財務状況を社長とヒアリングをしながら、
どこに手を打てば利益が増えるのかをサポートさせていただきます。
財務状態が分からなくて、不安をお持ちの方は、一度、やすだ会計事務所までご相談ください。