2017年12月12日の記事

    税理士が教える!ふるさと納税のメリットとデメリットとは?

    こんにちは。やすだ会計事務所の代表税理士保田です

    皆さんは「ふるさと納税」をご存じですか?
    多くの方がふるさと納税という言葉を聞いたことがあるでしょう。
    言葉を聞いたことがあるだけで、実際にふるさと納税をされている方は少ないと思います。
    そこでこの記事では、ふるさと納税についてご紹介いたします。

    ◆「ふるさと納税」とは?

    「テレビで話題だけど、イマイチ制度がわからない!」といった方が多くいらっしゃるでしょう。
    それでは、どのような制度なのか解説いたします。
    ふるさと納税は、ある自治体に寄付(寄付する自治体は自由)をすることによって、そのお礼として特産品が貰えて、税金を控除できる制度です。
    そのためには、2000円の自己負担が必要なのですが、税金が控除できるうえに、特産品がもらえるのは魅力的だと言われています。

    ◆「ふるさと納税」のメリットとは?

    ・特産品がもらえる

    寄付した土地の特産品がもらえることは、とても嬉しいですよね。

    ・出身地や居住地と関係なく、寄付ができる

    ふるさと納税と聞くと、出身地や居住地に納税するものだと思われる方も多いでしょう。
    しかし、実際にはどこの自治体に寄付してもいいのです。

    ・被災地に寄付できる

    災害の影響から復興しようとしている被災地にも、寄付できます。
    被災地支援のためにふるさと納税をされている方も多くいらっしゃいます。

    ・高校の授業料が安くなるかも

    高校の授業料の金額は住民税の額によって大きく関わっています。
    そして、ふるさと納税をすると、その住民税が安くなるので、高校の授業料が安くなるかもしれません。
    以上が主なメリットです。これらのメリットがあるなら、「ふるさと納税してみよう!」と考える方もいらっしゃるでしょう。

    ◆「ふるさと納税」のデメリットとは?

    ここまで、良いことだらけのふるさと納税ですが、デメリットもありますので、ご紹介いたします。

    ・支払いが先になる

    税金は控除されるのですが、控除のタイミングが遅いので、お金の支払いが先になってしまいます。

    ・所得が低いと税金が控除されない場合もある

    ふるさと納税は税金が控除されるのであって、ただ単に寄付すれば税金等が得するといったものではないのです。

    ・手間がかかる

    ふるさと納税をするには、手続きが必要です。
    以前よりも、手間はかからなくなったのですが、それでも手間がかかると面倒になってしまう人がいらっしゃるでしょう。

    以上が主なデメリットです。

    実際にふるさと納税は得することも多いですが、所得の面や支払いの時期や手間などを考慮し、得られるメリットと比較して

    ふるさと納税をするかどうかは総合的に判断しましょう。

     

    ~決算、税務、会社設立、相続でお困りの方は是非、当事務所へお問い合わせください~
    ~奈良県五條市生まれ五條市育ち五條市在住:奈良市の女性税理士保田まち子が相談受付中~
    やすだ会計事務所
     税理士 保田まち子
    〒630-8224 
    奈良市角振町28番地 まあぁろービル 5階 608号
     <近鉄奈良駅徒歩2分 JR奈良駅徒歩7分 宝くじ売り場のある建物>
    TEL 0742-27-7787
    FAX 050-3737-7521
    HP:http://machi-tax.com