お問い合わせバナー

会社設立後に加入しなければならない社会保険とは?

やすだ会計事務所

0120-86-7787

〒630-8224 奈良県奈良市角振町28 まぁぁろービル 5F−608号

営業時間 9:00~18:00 定休日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始、お盆 ※要相談

会社設立後に加入しなければならない社会保険とは?

コラム

2021/07/01 会社設立後に加入しなければならない社会保険とは?

おはようございます。やすだ会計事務所の代表税理士保田です。

 

会社を設立したら必ず加入しなければならない社会保険というものをご存知ですか?

これは、会社を設立した本人だけでなく従業員も加入しなければなりません。

社会保険は従業員の生活を守る大切な保険なので、しっかり理解しておきましょう。

今回は、会社設立後に加入必須の社会保険について解説していきます。

 

▼医療保険

会社設立後に加入する医療保険は健康保険になりますが、他にも医療保険には共済組合や国民健康保険などがあります。

医療保険は、医療機関にかかった際に治療費の一部をカバーしてくれるものです。

 

▼介護保険

介護保険は満40歳以上の人が加入する保険になります。

会社で勤務している人は、健康保険と合わせて保険料が徴収されるのが一般的です。

 

▼年金保険

年金保険には国民年金と厚生年金があります。

2015年9月までは、公務員が対象の共済年金と会社員が対象の厚生年金に分かれていましたが、現在は厚生年金のみとなっています。

 

▼労働者災害補償保険

労働者災害補償保険は、勤務中や通勤途中の事故などによるけがや病気、死亡した場合に補償してくれる保険です。

これは従業員のみ加入できる保険で、経営者は例外を除いて加入できません。

 

▼雇用保険

雇用保険は、従業員が職を失った際に再就職するまでの間給付金が支給される保険です。

これも従業員のみが対象の保険なので、例外を除いて経営者は加入できません。

 

▼まとめ

会社設立後は、経営者のみならず従業員も社会保険への加入が必須です。

社会保険についてのご相談は、気軽に弊社にお問い合わせください

 

 

 

 

~決算、税務、会社設立、相続でお困りの方は是非、当事務所へお問い合わせください~
~奈良県五條市生まれ五條市育ち五條市在住:奈良市の女性税理士保田まち子が相談受付中~
税理士・行政書士 やすだ会計事務所
税理士 保田まち子
〒630-8224
奈良市角振町28番地 まあぁろービル 5階 608号
<近鉄奈良駅徒歩2分 JR奈良駅徒歩7分 宝くじ売り場のある建物>
TEL 0120-86-7787
FAX 050-3737-7521
HP:http://machi-tax.com

TOP