2018年4月26日の記事

    投資に利益がでたら税金がかかるの!?しっかり学んでトラブルを回避しよう!!

    こんにちは。やすだ会計事務所の代表税理士保田です。

    皆さんは投資の経験はございますか??

    近年、サラリーマンや主婦、自営業の方などたくさん方が資産運用のため投資をしています。
    いままさに始めようとしている方もいるじゃないでしょうか。

    私たち日本国民は働いた際に給料をもらい、その中からたくさんの法律により、税金として天引きされてしまう場合がほとんどです。
    実は投資で稼いだお金も税金がかかってきます。

    実際に株などの投資をしている方はご存知かもしれませんが、今から始めようと思う方のために投資にかかる税金ついてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

    ■投資にかかる税金とは?

    先述したように、給料をもらった時税金を納めるのは当然ですよね。
    投資で儲けたお金もまたしかり、税金がかかります。

    株式投資ででる収益は株式譲渡益という名前になり、株を売買して手に入れた利益は税率20.315%で計算して税額が決められます。

    それに対して、配当所得で得た利益は税率20.315%という譲渡益と同じ税率で源泉徴収されるので、確定申告の必要がありません。

    しかし、確定申告をすることにより配当空除の適用と損益通算、株式、株式投資信託が可能になります。

    配当所得を総合課税として確定申告すると、地方税と所得税が税額から差し引かれます。

    ■投資で儲かった場合確定申告は必要なの??

    投資家を目指している方や本格的に投資を考えている方には避けては通れない問題になっています。

    20万円以上投資で利益が出た場合は申告しないといけません。
    しかし、もし証券会社や銀行で源泉徴収ありの特定口座を選択していると、申告が必要ないです。

    もし、申告の必要があるのにしていないという場合は、税務署に調査をされ、罰則として延滞税、過少申告加算税、不納付加算税、重加算税、無申告加算税が課されてしまいます。
    申告しなければ、もともと必要な税に加え他の税も払わないといけないので、しっかり申告しましょう。

    ■投資初心者がしなければならないこと

    上記の項目でも説明しましたが、確定申告が必要な場合が多いのが投資です。
    やはり確定申告の方法をしっかり理解することは非常に重要です。
    書類や税金を納める期限をしっかり把握し、期限内にどちらも済ませるよう心がけましょう。

    確定申告を間違ってしまった場合は簡単な手順で解決できるので安心してください。

    投資には税金がかかり、勉強しなければいけないことがあるので、投資をする際にはしっかり勉強しましょう。
    疑問点がある方は、やすだ会計事務所へお気軽にご連絡ください。

    ~決算、税務、会社設立、相続でお困りの方は是非、当事務所へお問い合わせください~
    ~奈良県五條市生まれ五條市育ち五條市在住:奈良市の女性税理士保田まち子が相談受付中~
    やすだ会計事務所
     税理士 保田まち子
    〒630-8224 
    奈良市角振町28番地 まあぁろービル 5階 608号
     <近鉄奈良駅徒歩2分 JR奈良駅徒歩7分 宝くじ売り場のある建物>
    TEL 0742-27-7787
    FAX 050-3737-7521
    HP:http://machi-tax.com