投資で利益を得るときの注意点|税金トラブルを防ぎたいあなたへ<奈良 税理士>

date2018年08月27日

こんにちは。やすだ会計事務所の代表税理士保田です。

 最近では、銀行の預貯金への不安から資産を投資へと移す方が増えています。投資は、以前はある程度資産のある方が行う資産運用でしたが、最近では一般的な主婦やサラリーマンも投資をするようになりました。しかし、そんな投資初心者が税金のトラブルに陥りがちなことをご存知でしょうか。

投資で得た利益は、会社で働いてもらう給料に税金がかかるのと同じように税金がかかります。そのために、必要な書類を税務署に自分で申告しなければなりません。その過程で起きるのが税金のトラブルです。

そこで、今回は投資で利益を得るときに必要な税金のトラブルを防ぐための注意点をご紹介します。

〇投資と税金

 企業で働いてもらう給料は、一定の税を差し引かれた額で支給されます。当たり前のことですよね。納税は国民の三大義務の重要な一つの義務です。

投資に関しても同じ意識を持ちましょう。投資で得た利益にも、得た額に応じて、国への申告と納税の義務があります。投資で確定申告する必要があるときは、投資で20万円以上の利益を得たときです。

もし、20万円以上利益を得ているのに確定申告していないと、国から罰則として本来払うべき税額より多くの税額を請求されます。投資における税金の重要性をしっかり理解しておきましょう。

〇確定申告を徹底しよう

 投資益にかかる税金をきっちり国に納めるために、確定申告の方法を知っておきましょう。証券会社や銀行で源泉徴収ありの特定口座を使用している場合、確定申告の必要はありませんが、投資をする上で確定申告の方法を知っておくことは必須です。

確定申告では1年間で得た利益に対する税金を計算する必要があります。書類には提出する期限がありますから、期限をチェックして計算するようにしましょう。

間違って確定申告してしまうときがあるかもしれません。そのときには、修正申告をできるだけ早く行ってください。

税金を払いすぎた場合は、申告から5年以内に「更生の請求」をすれば、還付してもらえます。反対に、税金の支払いが少なかった場合、自主申告しないと過少申告加算税という罰則が発生する恐れがあるのでご注意ください。

〇さいごに

 投資を最近始められた方は、投資の税金を意識していなかったかもしれません。しかし、投資で得た利益には税金が徴収されます。投資をするには、税金について詳しく知っておく必要があるのです。

税金について不安な場合は、税金のプロである税理士に聞きましょう。弊所では、税金に関してあらゆるご相談を承っております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

投資などに関してご相談がある方は、ぜひ、やすだ会計事務所へお問い合わせくださいね。

~決算、税務、会社設立、相続でお困りの方は是非、当事務所へお問い合わせください~
~奈良県五條市生まれ五條市育ち五條市在住:奈良市の女性税理士保田まち子が相談受付中~
やすだ会計事務所
 税理士 保田まち子
〒630-8224 
奈良市角振町28番地 まあぁろービル 5階 608号
 <近鉄奈良駅徒歩2分 JR奈良駅徒歩7分 宝くじ売り場のある建物>
TEL 0742-27-7787
FAX 050-3737-7521
HP:http://machi-tax.com