投資で利益を得たいと考えている人が引っ掛かってしまう税金トラブルとは?

date2018年06月20日

こんにちは。やすだ会計事務所の代表税理士保田です。

現在、あなたは何かに投資をしていらっしゃるでしょうか?
そして投資をすることによって利益を得ようと考えていませんか?

実は、投資によって利益を得ようという考えをお持ちの方の中には、税金に関するトラブルに巻き込まれてしまう方がいらっしゃいます。

今回はそんな税金に関するトラブルのケースについてご紹介します。
「それってもしかして私かも…」と心当たりのある方は、ご自身がこのケースに当てはまってしまわないようにこれから注意してみてください。

〇投資と税金の関係について知っていますか?

まず、投資家であるならば税金についての知識があることが大前提となりますので、この投資と税金の関係についておさらいしておきましょう。

「税金」という言葉を聞くと、商品を購入する際にかかる8%の消費税や、毎月のお給料から天引きされている所得税や社会保険料などをイメージされる方が多いと思いますが、投資に関する税金はこのような税金とは異なります。

あなたが毎月の給料から天引きされているそれらの税金を支払うことは、この日本に住んでいる人に与えられた義務を果たしているにすぎません。

しかし、投資に対してかけられる税金はあなたの義務を果たすためのものではなく、あなたの「権利」を保証するために支払っているのです。

この「義務」と「権利」の違いをしっかりと認識しておく必要があります。
もしあなたが不動産に対して投資を行ったとするならば、あなたがその不動産に対して税金を支払うことで、その不動産があなたのものであるという権利を得ることができるというわけです。

〇投資によって引き起こされる税金トラブル例

この投資に対する税金において、よく起こってしまうトラブル例としては「売却税」が挙げられます。

売却税とは土地や建物を売るときにかかる印紙税、譲渡所得税、住民税の3つのことを指します。

そしてよく起こってしまうトラブルは、この3つの売却税のことを考慮せずに不動産の売買計画を立ててしまい、結果的に売値から税金を引くと手元に残ったお金がわずかになってしまったというケースです。

いくつかの不動産に対して積極的に投資をしており、この不動産を売ることで儲けたお金を元にしてまた新しい不動産を購入しようと考えている場合、このようにして元手がわずかになってしまっては元も子もありません。

そのため不動産売買を行う際には、売却税のことも計算に入れてから売買計画を立てるように注意しましょう。

今回は投資で利益を得たいと考えている人が引っ掛かってしまう税金トラブルについてご紹介しました。
この例を参考にして、あなたはこのケースに当てはまらないよう注意してくださいね。

~決算、税務、会社設立、相続でお困りの方は是非、当事務所へお問い合わせください~
~奈良県五條市生まれ五條市育ち五條市在住:奈良市の女性税理士保田まち子が相談受付中~
やすだ会計事務所
 税理士 保田まち子
〒630-8224 
奈良市角振町28番地 まあぁろービル 5階 608号
 <近鉄奈良駅徒歩2分 JR奈良駅徒歩7分 宝くじ売り場のある建物>
TEL 0742-27-7787
FAX 050-3737-7521
HP:http://machi-tax.com